決定版!鼻の黒ずみ毛穴ケア用コスメガイド
HOME >  鼻の毛穴・黒ずみケア基礎知識 >  応用編 肌タイプ別ケアのコツ

応用編 肌タイプ別ケアのコツ

毛穴の黒ずみケアをするために抑えておきたいポイントを、肌タイプごとに紹介していきます。

毛穴ケア方法 脂性肌&乾燥肌編

<脂性肌>

脂性肌さんは、とにかくクレンジング。特にオイルクレンジングがいいでしょう。

皮脂の分泌が多ければ、それが肌に残って酸化し、毛穴詰まりの原因になりかねません。

そのため、メイクをしてもしなくても、できるだけ毎日クレンジングをするようにしましょう。

ただし、一日に何度もクレンジングや洗顔をするのはおすすめできません。どうしても気になるのなら、朝夜するようにしてください。

<乾燥肌>

乾燥肌さんは、できるだけメイクを控えることが大切です。ファンデーションをつけるのなら、リキッドよりもパウダーがおすすめです。

たっぷりと保湿をし、クリームをつけた上で薄めにつけるようにしてください。

また、オイルクレンジングはおすすめできません。乾燥をひどくしてしまう可能性が高いので、できるだけミルクやゲルなどを選ぶようにしましょう。

石油系界面活性剤は肌を乾燥させるので、避けたほうがいいと思います。

洗顔はできるだけぬるめのお湯で、最後は水でしめてください。

また、化粧水はこまめにつけること。一気につけようとするのではなく、ちょっとずつやさしくパッティングを繰り返すようにしてください。

毛穴ケア方法 普通肌&混合肌編

普通肌さんは、水分と脂分のバランスがとれているということですから、今の状態をキープしていくようにするといいでしょう。

オイルタイプのクレンジングだと刺激が強すぎるので、マイルドに使えるゲルタイプのクレンジングがおすすめです。

また、化粧水やクリームなどについても、あまり無理に脂分を補おうとするよりは、つけてみて肌馴染みがいいかどうかで選ぶようにしてください。

<混合肌>

脂っぽい部分にはきちんとクレンジングをするのが良いのですが、乾燥している部分にはあまりクレンジングをしないようにしてください。

鼻など、脂っぽいところだけを念入りにするのがおすすめです。

ただし、その場合も、オイルだと刺激が強くなりすぎてしまう可能性があるので、できればクリームやゲルタイプを選ぶようにするといいでしょう。

特に、季節の変わり目には肌トラブルが起きやすくなるため、気をつけておくようにしてください。

脂っぽいところから先に洗い、乾燥する部分は最後にさっと洗うようにしましょう。

<敏感肌>

敏感肌さんは、特にクレンジングに気をつけることが大切です。メイクや汚れなどをいつまでも肌に残しておくと、それだけでトラブルの原因になりかねません。

そのため、できるだけ肌に乗せて刺激が少ないもので、きちんと落とせる物を選ぶようにしましょう。

タイプとしては、ゲルかクリーム、ミルクタイプで、石油系界面活性剤の入っていないものがおすすめです。

また、買う前にサンプルを試してみたり、含まれている成分を見て考えることも大切です。

自分が以前肌トラブルをおこしてしまったものがあれば、チェックしておくといいでしょう。